原爆絵画展を見学

8月8日、ウェスタ川越で開催されたヒロシマ市民の描いた原爆絵画展へ行ってきました。
昨年から会場が変わり、今後はウェスタ川越で定着していくようです。
絵画は、写真とは違ったリアルさが伝わってきます。
ごく普通に生きていることが幸せであること、平和、家族がいかに大切であるかを強く感じました。会場には、学生の方が数名来ていました。
たくさんの若者が、興味をもっていくことは、日本の将来にとって非常に重要なことではないでしょうか。
2016.8.19 原爆絵画展 jpg.JPG


この記事へのコメント

  • 良い仕事

    悲しい、辛い、だけでないどう自分自身に納得、理解するか答えが出ないですね。
    2016年08月20日 07:31