かわごえ産業フェスタに参加

11月19・20日にウェスタ川越で開催された『かわごえフェスタに参加しました。
例年は川越運動公園で開催されていましたが、今年は初めて駅近くのウェスタ川越で開催となりました。昨年よりはテントの大きさが半分になり、十分なスペースを確保できませんでしたが、写真の通り大勢のお客さんで賑わいました。

建設埼玉では、毎年恒例の「まな板販売」と銅板で作られた動物の「キーホルダー」が大好評。その他にも銅製の小物、現場で残った木材を大きい段ボールいっぱいに詰め「ご自由にどうぞ」と提供すると翌日には追加してもほとんどなくなってしまうほどの人気でした。
20日には、子供向け木工広場のブースを設け、青年部の職人と一緒に本棚を作成しました。工作キットは用意した11個を完売し、最後には見本で置いておいた完成品も販売するほどでした。

また、お客さんから「家の小さな修繕を相談出来る人が周りにいなくて困る」という話を聞きました。こういった困り事こそ組合の出番です。市民の依頼に応えられるためにも、組合員さんのお仕事を広く周知し、「住宅の相談は、地元業者へ!!」を目指していきます。

16.11.20 写真.JPG
ウェスタ川越に集まった大勢のお客さん!


この記事へのコメント