「組合行事報告」(建設職人基本法)勉強会へ参加

小宮山泰子代議士“サマーセミナー”へ参加してきました。内容は「建設職人基本法(建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律)」の勉強会。
細かなことには、触れませんが、この法律は建設職人のために、初めて全会一致による議員立法で、つくられた法律です。
国を動かす、政治家が誰も反対せずに出来た法律なのです。
この法律を活かす、活かさないは、現場で働く職人さん次第です。

組合から言わせると、今頃になって、“職人は土曜も仕事”“工期が短い”“適正な賃金が末端までおりてこない”・・・そんなことはもう10年以上前から言われています

やっと・・・やっと、国が取り組んでくれようとしています。
若年者が職人を目指さなくなり、高齢化が進んでいるからです。

小宮山代議士とともに、この法律に対し頑張っていただいている参議院議員の藤末健三氏も、末端の職人さんがどのような処遇なのかを知りたがっています。元請けには、言いにくいかと思いますので、ぜひ組合へご相談ください。
もちろん匿名で、情報を吸い上げます

17.9.7 建設職人基本法 勉強会写真.JPG


この記事へのコメント