温暖化と建物と木材(シロアリ被害)

日本はここ数年高温多湿になっておりますがその中で建物構造に変化が出ています。高気密、高断熱構造が進んでいます省エネかが叫ばれていますしかし建築物に被害を及ばす害虫(白蟻等)に対する認識が遅れていることも否めないのが現状では無いでしょうか?九州、四国もしかしたらもっと北上しているかもしれない。RC構造の10階以上でイエシロアリ被害、3階までヤマトシロアリの被害等報告が上がっています日々人間のみではありません高温多湿に適応しているのが自然界全体だと言うこと改めて考えてみましょう。


この記事へのコメント