シロアリ(女王、王)生態について

シロアリ王は20~30年寿命、女王の寿命は5年~10年です。働きアリ、兵アリ、生殖能力アリをこの夫婦で家族構成を作ります。女王の産卵数不足してきますと、その時は王の力を借りずに生んだ新女王が王と交配して家族を増やすのです。この女王は王の力を借りずに単発で2~5回(推定)産卵して近親交配を避けて王の血が混じらないような生殖方法にしています。女王は初代女王の遺伝子を伝えて生きます。女性がいないと生物…

続きを読む

温暖化と建物と木材(シロアリ被害)

日本はここ数年高温多湿になっておりますがその中で建物構造に変化が出ています。高気密、高断熱構造が進んでいます省エネかが叫ばれていますしかし建築物に被害を及ばす害虫(白蟻等)に対する認識が遅れていることも否めないのが現状では無いでしょうか?九州、四国もしかしたらもっと北上しているかもしれない。RC構造の10階以上でイエシロアリ被害、3階までヤマトシロアリの被害等報告が上がっています日々人間のみでは…

続きを読む

生物の現状について

地球上の生き物は3000万種といわれております。 医薬品、医療、食料等などに不可欠な生物が存在している 地球環境(温暖化)のことも考える時期にきていることがここでは ひとまず置いて人間が嫌うカメムシといっても日本には1300種以上おります カメムシのにおいは揮発性の有機化合物です。普段は臭わない虫で外部より 刺激を受けて出したり仲間との連絡に使われている、嫌っている人間がいる反面 …

続きを読む

梅雨時のカビ臭気?

梅雨時のカビ臭気? 建物内を一番最初に思い浮かべる事が悪い事では 有りませんが、エアコンで除湿、又、除湿器をフル回転していませんか。 その前に建物内を一周して見ましょう。建物にいろんな物を寄せてい ませんか?又基礎通風口の周りに植木鉢等は、おいていませんか? 新しい建物は土台パッキン工法で施工されています。 通気計算されているので一部でも物が置かれると通気が落ちます。 床下がコンク…

続きを読む

雨水チャレンジ(^o^)

■雨水利用にチャレンジ(ゴミ容器が変身)■ 不用になった市販のゴミ容器を利用して雨水を貯めることもできます。軒下に置いて雨樋からの雨水を受けるだけで大丈夫。貯まった雨水は柄杓で植木の水やり等に利用します。ただし、オーバーフローした雨水を地中に戻したり、虫よけのために“よしず”で蓋をする等の工夫は必要。楽しみながら雨水利用にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

続きを読む

「加入案内」雇用保険について①

雇用保険というと、馴染みがない方もいるかもしれませんが、一般的に失業保険という方が聞いた事があるかもしれません。 (※1)失業保険は会社を退職した時に、次の就職先が見つかるまで一定額給付金を受取る事が出来ます。 また失業保険は雇用保険制度の1つで、他には技能習得のための費用を一部負担してくれる制度等もあります。 雇用保険の加入対象者は正社員だけでなく、短時間労働者(31日以上の雇用、1…

続きを読む

加入検討の方からのQ&A

新規加入を検討されてる方からの、良くある質問をまとめました。 Q、組合費と集金方法を教えてください A、組合費は現在毎月5,100円で、ご希望の口座から引落させて頂いています。 ※各地本で組合費や集金方法は異なります。川越市以外の方は御近くの事務所へお問合せ下さい。 Q、具体的な組合活動はありますか? A、毎月定例で行っている事はありませんが、毎月機関紙をご自宅へ発送しており活…

続きを読む

新しいパンフレット出来ましたっ!

今年度の新しい組合パンフレットが出来上がりました 今回のパンフレットは組合に興味を持って貰った方へ、どんな組合サービスを行っているかを知って頂くためのパンフレットとなっています。 組合加入を検討されている方には詳細な資料を同封して送付いたします。 事務所へお問合せください。

続きを読む

組合加入したい場合は? ~組合と健康保険組合~

よく組合へ加入されたい方で勘違いされる方がいらっしゃいますが、組合と健康保険はそれぞれ加入する事が出来ます。 健康保険に加入するには組合加入しないと入れませんが、組合だけ加入するには健康保険に入る必要ありません ですので、労災保険や雇用保険、組合活動に興味がある方は組合だけ加入して頂くことも出来ます 原則川越市に居住、または事業所がある60歳未満の建設労働者で、組合活動に御理解頂け…

続きを読む

労災保険(事業所労災&一人親方労災)について

組合加入されたい方の目的の1つに労災保険があります 労災保険とは、労働者が仕事中のケガや通勤途上で事故に遭ってしまった場合の負傷・疾病・障害・死亡等に対して保険給付を行う国の保険制度で、労働者を1人でも雇用している方(事業主)は必ず入らないといけません。つまり労働者ではない一人親方や事業主、家族等は加入する必要はないのですが、団体を通じて特別加入する事が出来ます。 建設業は他の業界と比べて怪…

続きを読む